タグ別アーカイブ: 岡英彦

岡英彦のガバナンス江別 No17

17回目のテーマは「なぜ地方議会議員の不祥事が頻発するのか?」 ここ最近の地方議会がひどい。議員のレベルが低すぎる。 6月…東京都議会「セクハラ野次」 7月…兵庫県議会議員「号泣記者会見」、神奈川県議会議員・脱法ドラック所持で逮捕。青森県平川市議会・議員20人中15人が市長選を巡る現金買収で逮捕、北海道議会議員・国際線機内で暴言。 その他全国でさまざま容疑で逮捕されている市議会議員が続出。 酒気帯び運転、わいせつ動画投稿、覚せい剤使用、万引き…など 問題は、一般社会との乖離が大きいこと? 年齢・性別・職業といった点で一般社会のような多様性がない。 60代が多く、女性が少ない。 また、地方議会は専業議員が多い。 市民の目が届きづらい。 議員は支持者以外の一般市民との接点が少ない。 今回話題になったのは、テレビとして面白い素材だったから。 政務活動費の問題などを細かく追及して、改善されるまでチェックするマスコミはほとんどない。 また、市民の無関心、「誰がやっても同じ」が、市民に無関心な議員を生んでいる。 「誰に投票していいかわからない」 投票のための判断材料が得づらい、大都市だと候補者が多く、ますます選べない。  ↓ 選挙制度上の問題? 総務省の「地方議会のあり方に関する研究会」や、大学研究者や地方議会関係関係者で構成される「自治体議会改革フォーラム」が発行している「議会改革白書」でも、地方議会の問題が取り上げられている。 普通の会社員が、兼業で議員になれるような制度設計 議会が市民に身近になるような改革 →江別の市議会でも11月に議会報告会を初めて開催する。 議会の役割は何なのか? 今の仕組みの上だと、国や都道府県の権限と市町村の権限が複雑。 自分たちの選択の結果が見えにくい。 民主主義社会の一員としての教育 →中学・高校にこそ民主主義について考えるような教育が必要なのでは? (function(d, s, id) { var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0]; if (d.getElementById(id)) return; … 続きを読む

カテゴリー: 岡英彦のガバナンス江別 | タグ: , , , , , | コメントは受け付けていません。

岡英彦のガバナンス江別 No16

16回目の放送は人口推計について。 有識者らでつくる政策発信組織「日本創生会議」の人口減少問題検討分科会(座長・増田寛也元総務相)が5月に発表した人口推計によると、2040年には北海道の人口は408万人、そのうち20~39歳女性の人口は34万人(うち札幌に48%・16万人)になり、 「将来消滅する可能性のある」自治体が、全国で896市区町村(政令市の行政区を含む)に上り、道内では全体の8割近くを占める147市区町村に達する、という。 消滅するかどうかは別として、若い女性の人口が減っていくのは確か。 対策としては、 出生率を上げる=20歳代後半の結婚割合を40%→60%程度へ上げる。 東京一極集中、大都市集中に歯止めをかける。 (function(d, s, id) { var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0]; if (d.getElementById(id)) return; js = d.createElement(s); js.id = id; js.src = “//connect.facebook.net/ja_JP/all.js#xfbml=1″; fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs); }(document, ‘script’, ‘facebook-jssdk’)); 投稿 by のっぽろ七丁目放送局.

カテゴリー: 岡英彦のガバナンス江別 | タグ: , , , , , | コメントは受け付けていません。

岡英彦のガバナンス江別 No15

15回目の放送は全国の市議会の状況について。 ★全国に市議会議員は何人いる? →811市で20,123人(H24年末現在) 定数:1市あたり25.1人 定数は人口規模で決まり、江別は27人 一番多いのは横浜市と大阪市で86人 一番少ないのは歌志内市で8人 ★議員の報酬は? 811市の平均は月額41万8100円 全国で一番高いのは、横浜市で月額95万3000円 一番の低いは夕張市で月額18万円 人口10~20万人の市で平均46万800円 江別市は月額37万8000円です。 ★議会はいつ、何日くらいやっている? 本会議(定例会)は年4回、3・6・9・12月あたり 会期日数は年間平均83.4日、実日数は21.4日 江別市は会期日数78日、実日数20日 常任委員会の開催は年間平均12.7日 江別市は16.6日 その他、請願や陳情の数や政務調査費(政務活動費)、休日議会などについても紹介します。 次回は6月4日です。 (function(d, s, id) { var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0]; if (d.getElementById(id)) return; js = d.createElement(s); js.id = id; js.src … 続きを読む

カテゴリー: 岡英彦のガバナンス江別 | タグ: , , , , | コメントは受け付けていません。

岡英彦のガバナンス江別 No14

14回目の放送は江別市の予算について。 昨年好評だった「江別の予算を家計に例えると?」の第2弾をお送りします。 本当は予算を家計に例えるのはかなり無理があるのですが、わかりやすさ優先で今年もやります。 今年の全体予算は444億円。 【江別家の収入】 給料(市税、使用料および手数料) 111,000円 実家からの援助(地方交付税、国・道手数料など) 187,000円 貯金引き出し(繰入金) 14,000円 雑収入(諸収入、財産収入、寄付金など) 15,000円) ローン借入(市債) 42,000円 ——————————————– 計368,000円 【江別家の支出】 食費(人件費) 56,000円 光熱費・通信費(物件費) 47,000円 車・家の修理(維持補修費) 11,000円 医療費・保険料(扶助費) 77,000円 家の増改築(建設事業費) 58,000円 ローン返済(公債費) 39,000円 子供への仕送り(繰出金) 54,000円 雑支出(積立金、貸付金など) 26,000円 ——————————————– 計368,000円 今年は昨年に比べ、耐震化のための学校建て替えで建設事業費が増えています。 家計でいうと22,000円アップになります。 自分が払った税金が1日あたりどこにいくら使われているか知ることができるサイト 「税金はどこへ行った? – WHERE DOES MY MONEY GO? -」 http://spending.jp/ 札幌市、千歳市との比較も。 次回放送は4月30日です。 (function(d, … 続きを読む

カテゴリー: 岡英彦のガバナンス江別 | タグ: , , , , | コメントは受け付けていません。

岡英彦のガバナンス江別 2014/02

13回目の放送は江別市の健康について。 アシスタントとして北海学園大学工学部の金本昌淳さんが出演しています。 まずは平均寿命についてのお話から。 全国の平均寿命は男性79.6歳、女性86.4歳。 都道府県ごとの長寿1位は男女ともに長野県。 北海道は男性が80.4歳、女性は86.9歳です 道内35市のうち1位は、男性が江別市と恵庭市が80.4歳で1位、女性は恵庭市が87.6歳で1位(江別は86.9歳)です。 いま注目されている「健康寿命」とは? 健康上の問題で日常生活に支障がない状態=全国で男性70.4歳、女性73.6歳。 健康寿命をどう延ばすかに、国も力を入れている。 (function(d, s, id) { var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0]; if (d.getElementById(id)) return; js = d.createElement(s); js.id = id; js.src = “//connect.facebook.net/ja_JP/all.js#xfbml=1″; fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs); }(document, ‘script’, ‘facebook-jssdk’)); 投稿 by のっぽろ七丁目放送局.

カテゴリー: 岡英彦のガバナンス江別 | タグ: , , , , | コメントは受け付けていません。

岡英彦のガバナンス江別 2014/01

12回目の放送は除雪のお話。 今現在の江別の降雪量は394cm(+150cm)、積雪量は101cm(+30cm)。 アンケート調査では除雪の満足度が最も低い。 人口集中地区で豪雪地帯なのが問題。 33ヶ年平均の降雪量は590cm、積雪量は120cmです。 24時間最大降雪量では2013年2月に70cm、2009年1月に82cm、最大では90cmというのも過去にありました。 江別市では市のHPで、降雪量・積雪量と市内4か所の雪の状況を発信しています。 江別市の市道は約800kmが除雪範囲で、一斉除雪の際には、江別環境整備事業協同組合24社の重機120~130台が出動します(一斉出動は15回程度の予想が、ここ数年はこれを超えている)。 市内12か所を巡回し、深夜までに10cmを超えると出動になります。 たまった雪を運ぶ「排雪」は1月初旬から始業式に向けて幹線道路でスタートします。 排雪は市で行うものの他に、自治会排雪もあります。

カテゴリー: 岡英彦のガバナンス江別 | タグ: , , , , , , | コメントは受け付けていません。

岡英彦のガバナンス江別 2013/12

11回目の放送は2013年の江別10大ニュース(市政版)。 最大積雪量観測 平成25年2月21日 167cm 過去32年の観測で最大。 累積降雪量は過去9位の663cm(1位は昭和60年の867cm) メガソーラー発電所完成 江別ノーザンフロンティア発電所 2月5日営業運転開始 定格出力は1560kw 高砂地下歩道が開通 3月21日、市道6丁目通りの鉄西線と鉄東線の線路下をくぐる地下歩道が開通 議会基本条例制定 3月25日成立 核兵器廃絶の自治体宣言を求める陳情採択 3月25日採択。 これまでの交通安全都市宣言(昭和37年)に加え、2014年の市制施行60周年に合わせて平和都市宣言を予定 北海道食品機能性表示制度(愛称:ヘルシーDo)がスタート サイクルシェアリングスタート 7月27日、市民祭りの特設ステージでオープニングセレモニー 土佐市との災害時相互支援協定 友好都市提携35周年を機に、8月2日 新栄団地A棟完成 11月 7階建て48戸 子育て広場「ぽこ あ ぽこ」オープン 12月21日 ※数字は時系列で順位ではありません。

カテゴリー: 岡英彦のガバナンス江別 | タグ: , , , , | コメントは受け付けていません。

岡英彦のガバナンス江別 2013/08

7回目の放送は江別市議会の議会基本条例の取り組みについて。 議会基本条例というのは、これまでの議会改革の取り組みをまとめ、継続して進めることを目的に、議会での基本的事項をまとめたものです。 2006年に栗山町議会で制定されたのに始まり、2013年3月時点で約400の自治体で制定されています。 江別市では2013年の第1回定例会で条例が制定されました。 ポイントは ・市民と情報や意見を交換する場を設けること ・請願者の意見を聴く場を設けること ・議員間の自由な討議による合意形成を図ること などを努力規定で盛り込んでいることで、また、条文より解説が非常に多く判りやすいのも特徴です。 また、議会基本条例の取り組みを進める中で決まった改革では、 ・会議日程のホームページ掲載 ・議事日程及び委員会次第のホームページ事前掲載 ・傍聴者への委員会資料の提供 があります。 今後進める議会改革として ・議会説明会 ・議会のインターネット中継 ・委員会議事録のホームページ掲載 ・行政調査報告書の公開 ・政務活動費明細の公開 があります。 議会説明会にたくさんの市民が足を運んでくれるためにはどうしたらいいかなどの問題もあります。

カテゴリー: 岡英彦のガバナンス江別 | タグ: , , , , , | コメントは受け付けていません。

岡英彦のガバナンス江別 2013/07

6回目の放送は江別市の総合計画がテーマ。 7月31日まで市民の意見を募集中 江別の新しい総合計画について  http://www.city.ebetsu.hokkaido.jp/kikaku/11/sinsoukei_index.html 今実行されているのは平成16年~25年の第5次計画の後期 現在、平成26年からの第6次計画をつくっている。 平成23年に市民5000世帯に郵送したアンケートや、小~大学生の意見を聞くイベントなどで意見を聞き、素案が出来上がってきたところ。 これからの「まちづくり戦略」 4つの未来戦略 1)協働のまちづくり 2)産業活性化 3)次世代に向けた住みよい江別づくり 4)江別の魅力を発信

カテゴリー: 岡英彦のガバナンス江別 | タグ: , , , , , | コメントは受け付けていません。

岡英彦のガバナンス江別 2013/05

4回目の放送は江別市の節電がテーマ。 岡議員が自宅で電力モニターを付けてみたところ、卓上IH調理器の待機電力が意外と多い!のだとか。 北海道で最大の消費電力を記録するのはいつだと思いますか? 関東などでは夏の甲子園の時期ですが、北海道では今年は1月、昨年は2月と寒波が厳しい時期です。 北海道の発電所の分布や、震災前と震災後の発電分布の紹介も。 震災前までは原子力発電が半分ほどでしたが、現在は石炭と石油の火力発電がメインになっています。 北海道電力からの節電要請(7%目標)で江別市の対象公共施設115施設での節電状況は、 2010年度に比べ、2012年度は夏(7~9月)で15%の削減、冬(12~3月)は4.1%の節電が実現できました。 江別で電力使用量が多いのは浄化センター(下水処理場)、市立病院、環境クリーンセンター(ごみ処理場)、浄水場で、その他のホールや市役所などの施設の5~8倍の電力を使っています。 浄化センター、市立病院、環境クリーンセンターでは自家発電装置を利用した結果、夏は大きな節電効果をあげることができたそうです。 その他、照明の間引き、使わないパソコンのシャットダウンなどのほか、節電呼びかけによる努力で、北海道の夏の節電は、比較的効果が出やすいようです。 北海道の冬の節電は、寒波や積雪の状態に左右されます。 今年度は北海道電力からの要請はありませんが、市としては引き続き節電に取り組んでいく予定です。 次回は6月26日、ネット選挙解禁についてのお話になる予定です。

カテゴリー: 岡英彦のガバナンス江別 | タグ: , , , , , | コメントは受け付けていません。