タグ別アーカイブ: 桜沢貯水池

森林公園池物語part1

野幌森林公園は「野幌原始林」と呼ばれ、大都市近郊の平地林としても世界的に有名で札幌市・江別市・北広島市の3市にまたがる野幌丘陵に広がっています。 明治時代に江別に入植した「北越植民社」の関矢孫左衛門らの尽力で守られた貴重な人類の財産です。 原始林には沢山の池があることを知っていますか? 周辺の環境が激変した今日、多くの貯水池が放置され、取り壊され、消滅してしまいました。現在では数個の貯水池が残り、一部が水田のため、また環境保全のために活用されています。 残された水辺には、水生昆虫や魚たち、アオサギ、カワセミ、その他沢山の水鳥たちが集まってきます。哺乳動物18種、鳥類140種、昆虫類1,200種、植物、樹木108種、草花400種が生息する野幌原始林の初夏の水風景をお届けします。 その1 桜沢貯水池 その2 瑞穂の池 その3 原の池 その4 大沢の池

カテゴリー: 江別の四季散歩 | タグ: , , , , , , , | コメントは受け付けていません。