タグ別アーカイブ: 18歳選挙権

岡英彦のガバナンス江別+ 第1回

2014年まで約2年間放送していた「岡英彦のガバナンス江別」が、2016年から“第5週”に帰ってきます。 日頃の様々なテーマの中から、 まずは改めて「ガバナンスとは何か?」についてお話しします。 政治の世界から登場してきたガバナンスという言葉ですが、現在ではビジネスの世界で「コーポレート・ガバナンス」として広く使われています。 旧来の「パブリック・アドミニストレーション」(すべて国や行政・公務員が行う)、 1980~90年代に登場した「ニュー・パブリック・マネジメント」(公共政策に、民間企業のような経営手法を取り入れる) 近年の「ニュー・パブリック・ガバナンス」(市民参加・協働・共創) というように、国や行政のあり方は少しずつ変わってきていますが、まだまだ行政・政治の世界では「ガバナンス」という言葉は市民権を得ていません。 今回のテーマは「18歳選挙権」。 江別では4月に補欠選挙がありますが、18歳から投票できるようになるのは7月の参議院選挙からになります。 選挙権を得るということはどういうことなのか? =自分たちの、今の社会をつくる一員になる、ということ =次の世代にどういう社会を残していくのかという責任を負う そして被選挙権。 現在は25歳(参議院と知事は35歳) これも引き下げてもいいのではないかと思う。 特に江別は人口に占める学生の割合が多い。 その代表者の意見が反映される政治があってもいいと思う。 日本の人口と投票率、年代別の投票割合から見る政治的影響力…人数が多いのでしょうがない面もあるが、高齢者の影響力が非常に高い。 18歳選挙権にあたって、行われている主権者教育の副教材を紹介。 「あなた自身の社会~スウェーデンの中学教科書」 アーネ・リンドクウィスト&ヤン・ウェステル著、川上邦夫訳 1997年6月・新評論社 欧米と日本では社会に対する教育に差がある。 (function(d, s, id) { var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0]; if (d.getElementById(id)) return; js = d.createElement(s); js.id … 続きを読む

カテゴリー: 岡英彦のガバナンス江別 | タグ: , , , , | コメントは受け付けていません。