まんまる新聞裏散歩道 2011/03/30


AC(公共広告機構)のCMですっかり話題になっている「あいさつの魔法」でスタート。
歌は熊本出身の松本野々歩(ののほ)さん、キャラクターの声が札幌のアマチュアシンガーソングライター・嶋倉紗希(Saki)さん、CM内のイラストは倶知安出身のイラストレーター・yukky(ゆっきー)さん…と、以外にも北海道にゆかりの深い作品だったのですね!

同じくACのCmから、金子みすゞ「こだまでしょうか」を読みつつ、裏散歩人さんの子供時代の遊びのお話も。

震災後、あちこちで「今何ができるか」「何をすべきか」を考える流れができていて、かつてない被害の痛みはみんなで分かち合って、助け合わなければいけないのだけれど、だからといって全て「自粛」では何も進まない。
普段の生活も、催しも、仕事も、被災地を思いながらも普通にやって、地域からお金を回すのも大切。

現地に送られる物資ひとつとっても、作る人、売る人、運ぶ人・・・たくさんの人がそこで生きていることも忘れてはいけませんね。

そして最後にはなぜか、「薄毛・抜け毛対策」「オリーブオイル」「酢」…健康情報の朗読で…

カテゴリー: まんまる新聞裏散歩道   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

まんまる新聞裏散歩道 2011/03/30 への1件のコメント

  1. 崖っぷちオヤジ より:

    いつも楽しく拝聴させていただいております。年齢的に近いこともあり、裏散歩人さんの土の匂いのするようなお話に共感することろ大であります。

    ただ今回は原発関連の話題に一切触れられていませんでしたが、どうしてなのかな?と率直に疑問に思いました。

    先週あれほど放射能の汚染については心配すること無いというような内容で熱くお話されていたのに、今週になっても収まる気配の無いこの放射能汚染問題に触れないというのもあまりに不自然な感じがします。どうされたのでしょうか?

    あまりにヒステリックなマスメディアの報道には辟易する部分もありますが、その一方「御用学者」が山ほどいるのも事実です。前回は原発反対の立場でこの原発事故を分析した意見に対して、東北大学の先生の反論を紹介されていましたね。

    その内容は小生もネット上で映像も見ましたし、反論も読みましたが、その東北大学の先生の仰ることやどこぞの研究室のメンバーが翻訳した内容が科学的に正しく、間違いなく客観的で現実的なものと言えるものなのでしょうか?(少なくとも小生にはあくまで机上の一般論であって、現場で起こっていることを反映したものとは思えませんでした。)

    過去にも原子力事故に関して政府・所管省庁は事実を隠蔽し、嘘の情報を発表してきたという前科があります。(これは調べていただければ明らかだと思います。)

    一番の問題は、政府が放射能汚染に関して具体的な危険のレベルを明示し、事故以来今までの累積的な被爆量を地域別に発表して、今リスクレベルとしてどのくらいの状態にあるのかを明らかにすることだと思うのですが、それを行わない政府に対して国民が不安に思うのは当然ではないでしょうか?

    そのような客観的事実すらもわからない状態で、「専門家の学者先生の言うことこそ正しいのだ。」という立場での発言はあまりに無責任ではないでしょうか?

    あの薬害エイズ問題で、血液製剤の専門家の偉い先生の言うことを信じた結果、悲惨な事態が引き起こされたという哀しい過去を我々は経験しています。

    一歩引いた視点から物事を話される裏散歩人さんにしては、少しばかり前回の原発事故報道に関するコメントは、バランスを欠いたものだったように思うのですがいかがでしょうか?