タグ別アーカイブ: 宮澤賢治

まんまる新聞裏散歩道 2011/06/22

ユトウさんと一緒に登場の裏散歩人さん。 夏至ということで、宮沢賢治「銀河鉄道の夜」のお話からスタート。 昨日は目の検査で北海道大学へ行ってきたという裏散歩人さん。 街には薄着の女性がいっぱい…いや、目の保養になるものは見えるんですが… なんか昔と違うなぁ…変だなぁ…と思ってキョロキョロしていたら、ふと気がついたら、サングラスでキョロキョロしている自分が一番ヘンだったり? 裏散歩人さんが録音してきた「カエルの大合唱」と「エゾハルゼミの蝉しぐれ」を聴き比べ。 よく聞かないと、区別がつかないくらい似ています。 夜中に文京台で録音したという「ホトトギス」(?)の鳴き声も。 そして、北海道新聞夕刊の記事から アマゾンに新たな先住民が発見されたかも知れないというニュースを紹介。 未開の地だからといって、文明と宗教、支配を持ち込むのは余計なお世話ではないのか? それが植民地化と侵略。 日本とキリスト教、宣教師の国外追放、鎖国の歴史…それは、その当時の国策で、そうでなければ日本がどこかの植民地だったかもしれなくて、今の感覚で判断するのは間違い。 最後は「欲」に関する仏教のお話。 ブッタ=お釈迦様の教えは、信仰というより哲学…人はどう生きるべきなのか、どう生きたら楽なのか。 仏教は大きく分けて、中国から日本に伝わった「大乗仏教」、弟子を通してブッタの言葉がそのまま伝わった、セイロンなど南方に伝わった「小乗仏教」があり、その内容はかなり違っている。

カテゴリー: まんまる新聞裏散歩道 | タグ: , , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。

まんまる新聞裏散歩道 2011/05/25

最近は東北の株(大根じゃないよw)がずいぶん上がっているというお話から・・・ 寺山修二、太宰治、宮澤賢治など東北を代表する有名人の後に、なぜか名前が挙がったのが吉幾三!? 「俺ら東京さ行ぐだ」をさらっと聴いて・・・ 裏散歩人さんの兄弟はひとり家を継いで、裏散歩人さんともうひとりのお兄さんは村を出たそうですが、 この歌詞が、そのまま当時の生活に当てはまるそうですw 東京で牛飼ったり、銀座に山を買ったり、都会に憧れながらもどこか皮肉っている感じがイイ!と 人の気持ちがよくわかっている人だなぁ・・・と。 故・長岡照子さん(「おしん」の奉公先のおかみさんを演じた人)が続けていた、宮沢賢治の詩や童話を、東北なまりで読む活動にならって、秋田弁で 「雨ニモ負ケズ」「永訣の朝」「やまなし」を朗読。

カテゴリー: まんまる新聞裏散歩道 | タグ: , , , , , | コメントは受け付けていません。

アツコさん!猫が顔あらってますよ!? 2011/03/30

江別でパソコンとプロジェクターを使った「電紙かみ芝居」の活動をしている山下洋子さんがゲスト。 「よだかの星」「セロ弾きのゴーシュ」「銀河鉄道の夜」「祭りの晩」・・・宮澤賢治の4作品の紙芝居から、お気に入りのシーンをピックアップしながら、作品への思いや紙芝居作り、山下さんの活動について紹介。 後半は宮澤賢治の作品・世界観などについて、視聴者とコミュケーションをとりながら熱く語る。

カテゴリー: アツコさん!猫が顔あらってますよ | タグ: , , , , , | コメントは受け付けていません。