タグ別アーカイブ: 東北

まんまる新聞裏散歩道 2011/05/25

最近は東北の株(大根じゃないよw)がずいぶん上がっているというお話から・・・ 寺山修二、太宰治、宮澤賢治など東北を代表する有名人の後に、なぜか名前が挙がったのが吉幾三!? 「俺ら東京さ行ぐだ」をさらっと聴いて・・・ 裏散歩人さんの兄弟はひとり家を継いで、裏散歩人さんともうひとりのお兄さんは村を出たそうですが、 この歌詞が、そのまま当時の生活に当てはまるそうですw 東京で牛飼ったり、銀座に山を買ったり、都会に憧れながらもどこか皮肉っている感じがイイ!と 人の気持ちがよくわかっている人だなぁ・・・と。 故・長岡照子さん(「おしん」の奉公先のおかみさんを演じた人)が続けていた、宮沢賢治の詩や童話を、東北なまりで読む活動にならって、秋田弁で 「雨ニモ負ケズ」「永訣の朝」「やまなし」を朗読。

カテゴリー: まんまる新聞裏散歩道 | タグ: , , , , , | コメントは受け付けていません。

まんまる新聞裏散歩道 2011/05/11

先週の放送をお休みして、故郷の秋田へ里帰りしてきたという裏散歩人さん。 裏散歩人さんのふるさとは、秋田県能代市にある苅又石(かりまたいし)というところ。 ハウス内での育苗(コメの苗を育てる)や芽が出たもみがらといった農作業風景や、神社など里山の風景、羽州街道の松並木、ナラの古木、オドリコソウ・セリ・アオギバ…などを写真で紹介。 BGMは裏散歩人さんが携帯電話で録音してきたウグイスのさえずりと、カエルの鳴き声… そして後半、裏散歩人さん、怒る!?

カテゴリー: まんまる新聞裏散歩道 | タグ: , , , , , | コメントは受け付けていません。

まんまる新聞裏散歩道 2011/04/20

今回も震災・原発報道のお花からスタート。 子供時代、ビキニ環礁の水爆実験があり 「放射能があるから雨に当たるな、雨水飲むな、雪食べるな」 と言われて育った世代で、しかも東北出身の裏散歩人さんとしては、今の状況は複雑な気分だそう。 そしてもともと神をまつり、慰めて鎮めるためのものだった「祭り」。 精神的にも経済的にも、祭りは開催するべき!と語る。 粘り強い?めげない? 裏散歩人さんが明かす東北人の本質とは? そして田舎暮らしの苦労とは―― ラストは宮澤賢治作詞・作曲「星めぐりの歌」で。 大麻銀座祭り 4月23日(土)~24日(日)午前10時~午後3時、旧ラルズマート大麻店(大麻東町・2番通、東地区センター1階)。 江別特産品コーナーや酪農大学クラスタークラブ乳製品、土佐市の物産、着物フリーマーケット、花や花苗、高齢者ための便利生活グッズ……

カテゴリー: まんまる新聞裏散歩道 | タグ: , , , | コメントは受け付けていません。

まんまる新聞裏散歩道 2011/04/13

原発報道の姿勢について、裏散歩人さんがマスコミに苦言を呈すオープニング。 「レベル7だから、チェルノブイリ並み」という報道は、注目を集めるためにいたずらに不安を煽っているとしか思えない。 同じ“レベル7”とはいっても、そもそもレベルは7までしかなく、現状の規模でチェルノブイリとの被害とは10倍もの差があるのに… そして、400回を超える大きな余震で不安な日々を送っているだろう被災地の方たちの心を思い、そんな中でも時折テレビに映る、避難所の片隅で遊ぶ子供たちの姿にホッとするのだといいます。 後半は東北ゆかりの歌「北上夜曲」「どじょっこふなっこ」「雪の降る街を」…を歌いながらの歌詞紹介や、写真を見ながら春の山菜の紹介も。

カテゴリー: まんまる新聞裏散歩道 | タグ: , , , , | コメントは受け付けていません。